COLUMNコラム

  • HOME>
  • コラム>
  • パラソルの利用シーンや導入効果について解説 

2024.02.09シート・生地

パラソルの利用シーンや導入効果について解説 

おしゃれな雰囲気をつくり出してくれるパラソルは、外観だけでなく、紫外線対策や目隠し効果、さらにはSDGsへの貢献も期待できます。

このページでは、パラソルを導入することで得られるメリットについて紹介します。

カフェや公園などで使われるパラソルの用途

パラソルは、テラスのあるカフェや飲食店、ホテルなどで広く使用されています。
飲食店以外でも、公園やイベントなどでは日よけの役割としても活用されるなど、その用途はさまざま。
また、風が強くなったときはすぐに折りたためるパラソルや、防炎生地やメッシュ生地を使用したパラソルなど、バリエーションも豊富です。

パラソルの導入効果①熱中症や紫外線対策

パラソルは、日陰をつくることで、体感温度上昇の要因である日差しや赤外放射を効果的にカットします。実際に、パラソルの下では体感温度が約7℃も低下するというデータも出ています。※タカノ株式会社 -暑さ・熱中症対策のポイント- より参照

また、直射日光を遮るパラソルは紫外線カットの効果も高く、近年では幼保学校関連施設でなどの導入も増えています。
紫外線をカットすることで、カーテンや家具、畳などの色あせを防ぐことができるのも魅力です。

パラソルの導入効果②目隠し効果

パラソルは、近隣からの視線が気になる場合にも効果的です。
完全に遮断するのではなく、一部を遮ることで目隠し効果を発揮し、開放的な空間を保つことができます。
パラソルを導入することにより、プライバシーを守りつつ、心地よい空間を提供することが可能になります。

パラソルの導入効果③省エネ効果でSDGsにも貢献

日差し対策としてパラソルを導入することで、対象の場所が暑くなるのを抑え、冷房費を約33%抑制できるというデータも出ています。※タカノ株式会社 オーニング・パラソルの効果より参照

これは、SDGsの目標7である「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」への貢献にも寄与できる可能性があります。
省エネ対策としても、パラソルの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

パラソルに関するお問い合わせはこちらから

パラソルを導入することで、紫外線対策や目隠し効果、SDGsへの貢献にも活用することが可能です。

カフェやレストランの飲食店だけでなく、イベントなど、利用できるシーンもさまざま。
空間を効果的にデザインしたいとお考えの方は、パラソルの導入にも実績が豊富な石川株式会社へお気軽にご相談ください。

パラソルの販売パートナー募集

販売パートナー様募集中

石川㈱では、基礎工事、コンクリート施工、アンカー設置、パラソル本体の取付などをお手伝いいただける業者様を募集しています。

販売パートナーに関しても、上記のご相談ボタンからお問い合わせください。